学べる内容

HOME 学べる内容 考古学・民俗学主専攻 民俗学・文化人類学コース

民俗学・文化人類学コース

人類学はネイティヴの概念や欧米の社会理論の中で生まれた様々な概念を使って考察します。民俗学は過去から現在への伝承と変遷を研究する現在学として考察します。

民俗学・文化人類学の学び方

民俗学は儀礼・信仰・社会・経済などの伝承資料から日常の暮らしと文化を探求し、文化人類学は異文化の営みと我々自身の営みをシンメトリックに研究する学問です。いずれもフィールドワークに基づいて、価値観を異にする人々の行動様式を生活文化の中で理解します。そのため専攻する学生は5日間の調査実習に2回参加し、その体験から自分自身で問題を発見し作業仮説を打ち立てて研究を進めることになります。
民俗学では対象の歴史的な深みを考察するため日本史学と連携した科目を組んでいます。文化人類学では古典的な理論から最新の科学技術論に至るまで幅広く批判的に学びます。こうして育まれた能力を用い、身近でありながら人間にとって根源的な経験を記述し理論的に考察する卒業研究に取り組みます。

コース教員一同

 

民俗学・文化人類学はどんな授業?

 「概説」では、それぞれの学問の固有の研究史や理論を概観します。両方ともフィールドワークを通した "in their own terms" の理解を重視する学問です。春学期に「調査法」の授業で調査対象や理論についての予備知識を身につけた上で、秋学期の「実習」で実際に調査に出て、報告書を執筆します。

授業科目の一例

  • 民俗学概説
  • 民俗学演習
  • 文化人類学概説
  • 文化人類学演習
  • 民俗学・文化人類学実習
  • 文化人類学講義
  • 民俗学特講
  • 民俗史料講義

先輩たちの卒業論文

  • 実践の場の多様化と民俗芸能の伝承
  • 継続されていく蘇民祭
  • 郷土かるたと郷土意識
  • 学校の怪談についての一考察―「ウマが走る」話の伝承から―
  • 宝登山神社とオオカミ信仰に関する一考察
  • 災害からの復旧と土地を巡る人々の意志
  • 変化する「モノと人」―ロボットスーツに見る、アクターの合体・交わり・連鎖―
  • 環境、音楽、差異―音楽を賛美する人々―

コース担当教員からのメッセージ

教員名研究テーマメッセージ
内山田 康 社会人類学(場所、モノ、パーソン、動き、存在と認識)自分を理解の道具としてフィールドに入り、そこを離れて考察し、再びフィールドで枠組みを問い返し…
中野 泰 日本および東アジアの社会構成・生業論異なる民俗社会での生活経験。名状し難いものですが、その魅力を伝えてゆきたい。
武井 基晃 日本(沖縄)および台湾の社会・祖先祭祀自分にとっての当たり前。他者にとっての当たり前。生活の中の当たり前を問い直す学問です。

コースの声

4年生貝塚 智紗

民俗学は、人々の暮らしや文化を多様な側面から研究する学問です。研究方法はフィールドワーク(現地調査)による聞き書きが主になりますが、研究分野によっては実測なども行います。研究内容が多岐にわたるのも民俗学の特徴のひとつといえます。
2年生から始まる民俗学実習でも、各人が興味のあるテーマを自由に設定し調査を行います。先生や大学院生から直接フィールドワークや報告書執筆の手ほどきを受けられます。調査計画をもとに調査地を歩き回り、様々な人に出会い、様々なものを見て得られたことをもとに自らが立てた問題の解決を目指します。1つの結論を導き出す過程では、悩みや苦労も多く経験します。しかしそれ以上に、フィールドでの出会いの数々は非常に刺激的で、学びの多い経験になると思います。
こうして実習から得た経験を基に3年生から卒業論文に取りかかります。私は2・3年次の民俗学実習の調査地だった群馬県利根郡川場村で門前地区のお祭りである「春駒」を対象に、人々がどのように春駒を捉えてきたのか、春駒そのものはどのように変化してきたのかについて卒業論文を作成しています。「春駒」との出会いのきっかけは2年次の民俗学実習で、その時のご縁をもとに保存会の方からお話を伺い、調査を進めています。
民俗学は、フィールドでの出会いの積み重ねの中で人を知り、理解していく学問なのではないかと私は思っています。皆さんも大学生活の中で自分の手足を使って多くの出会いを経験してみてはいかがでしょうか。人と話すのが少し苦手でも興味を持った人はぜひ民俗学・文化人類学コースを選んでみてください。