学べる内容

HOME 学べる内容 史学主専攻

史学主専攻

史学主専攻について  歴史学を学ぶということ-私たちは、現在、どこにいるのか-  所属教員紹介

史学主専攻について

人文学類の「史学主専攻」には、「日本史」、「東洋史」、「西洋史(オリエント史、ヨーロッパ・アメリカ史)」、「歴史地理学」という4つのコースが設けられており、また、専門科目の単位として考古学・民俗学コースの授業を履修することが認められていて、国内外のさまざまな地域、さまざまな時代の歴史を、個々の学生の興味・関心に即した視角・手法によって追究することが可能になっています。

史学主専攻 日本史コース
東洋史コース
西洋史コース
歴史地理学コース

歴史学を学ぶということ-私たちは、現在、どこにいるのか-


上:近世の村絵図、下:『満洲実録』

歴史学が扱うもの、それは所蔵された古文書、続々と発掘される遺物や遺跡だけではありません。絵画や文学、口承、土地景観などのあらゆる「時」を刻んだ記録や記憶に及びます。ただし、これらをたんなる知識として身につけることをめざすものではないのです。また、そこから読み出すものは、ifの世界でも、「現在」の肯定でもありません。
歴史学がめざすのは「昔の人のみた世界とはどのようなものだったのだろうか」「人間はどうしてこのような社会を作り上げてきたのか」という人間の可能性を探り出すことなのです。しかし、人間が主観としてもった空間と時間に対する認識は、客観的に存在した空間や流れる時間という実体とは異なっています。私たちは、歴史学を通じて事実と真実との「あいだ」(それは真実か)だけでなく、事実と「認識」(それはどのように捉えられていたのか)の、そして「認識」と「記憶」(それはどのように伝えられたのか)の「あいだ」にも踏み込むことによって、はじめて人間の可能性と「現在」とを「時」のなかに捉えることができるのです。

教授[日本近世社会史] 浪川 健治


上:古代メソポタミアの楔形文字
下:九十九里浜の景観

 

所属教員紹介

教員名担当コース職階研究テーマ
中野目 徹 日本史教授日本近代思想史・史料学
浪川 健治 日本史教授日本近世社会史
三谷 芳幸 日本史准教授日本古代国家史・比較史
上田 裕之 東洋史助教中国近世経済・財政史
山田 重郎 西洋史教授古代オリエント史・アッシリア学
柴田 大輔 西洋史准教授古代西アジア宗教社会史、楔形文字文書学
村上 宏昭 西洋史助教ドイツ近現代史
中西 僚太郎 歴史地理学教授歴史地理学・近代日本の歴史地理