学べる内容

HOME 学べる内容 言語学主専攻 応用言語学コース

応用言語学コース

文章論、社会言語学、教育言語学など、他の研究領域と連結しながら研究することを志向しているほか、英語教育学を専門とすることもできます。

従来の学問領域の壁を飛び越えた、多岐にわたる言語研究


上:看板からだって文化と語彙を観察する
下:応言の思索の階段を上ってこないか

応用言語学は、個人と社会のレベルで、言語にかかわる諸問題を多角的・実際的に解決することを目的とする学問です。本応用言語学コースでは、英語教育にかかわるさまざまな事象を取り扱う教育言語学、社会と言語の関係を研究する社会言語学、文章や会話の仕組みを研究する文章・文体論を主要な領域にしています。いろいろな学校に行って各種実験をしたり、実際の談話を録音・書きおこして詳細に分析したり、文献からさまざまな文体を比較したりと、その手法はさまざまで、紙からデジタル画像まで幅広いデータを取り扱います。

教授 久保田 章

 

応用言語学講議IIはどんな授業?

英語語彙に関わる諸問題を、コーパス言語学・辞書学・英語教育学・統計学の観点から分析していきます。たとえば、「語彙が豊富」とか「語彙力をつける」といった場合、具体的に何をさしているのでしょうか? 自分の英語語彙サイズはどうやったら計れるのでしょうか? 英語教科書や辞書に出てくる「基本語」や「最重要語」はどのように決めるのでしょうか? こうしたことに答を見つけていくのが本授業です。

授業科目の一例

  • 応用言語学概論
  • 応用言語学講義I~IV(応用言語学、教育言語学、社会言語学、文章論)
  • 応用言語学演習I~IV(教育言語学、社会言語学、文章論)
  • 応用言語学特講I~II(教育言語学、社会言語学)
  • 外書講読

先輩たちの卒業論文

  • Effects of topics on writing performance of Japanese high school students
  • Roles of depth and breadth of vocabulary knowledge in listening comprehension in ESL
  • The effects of visual aids on EFL reading comprehension
  • ブログのコメントにおける開始部と終結部の分析
  • 教室談話における教師の繰り返しの分析
  • 接客会話における開始部と終了部の分析
  • ラジオの電話相談に見られるジェンダー再構築の過程についての批判的言説分析
  • 日常会話における型不一致型応答の役割

コース担当教員からのメッセージ

教員名研究テーマメッセージ
磐崎 弘貞 辞書学、英語教育学語彙の諸相をパソコンで分析しよう。
卯城 祐司 英文読解プロセス・英語教授法・第2言語習得英文読解プロセスのダイナミズムを学びましょう。
久保田 章 応用言語学身近な教材をL2習得から分析しよう。
平井 明代 教授法・評価法研究受容能力から発信能力への教授法・評価方法について研究しよう。
小野 雄一 教育工学、英語学、CALL、e-learning進化するメディアをどのように自分の教育現場や指導論に活かすか探究しよう。
高木 智世 社会言語学・ディスコース研究・会話分析実社会でことばがどのように用いられているか、じっくり観察しよう。
田川 拓海 日本語学・文章論色々な文章を見ることで、「書き言葉」と「話し言葉」について考えよう。

コースの声

卒業生木村 雪乃

大学に入学した時は漠然と「言語学を勉強したい」と考えていた私ですが、応用言語学に関する授業を受けて、「こんなに魅力的な学問があったのか!」と衝撃を受けたことを今でも覚えています。普段当たり前のように用いている言語に対して
様々な視点・方法からアプローチする応用言語学は、私にとっては新鮮でした。 私の研究テーマは、日本人がどのように英文を読解するのかということでした。論文を読んで研究課題を見つけたり、ゼミや研究会に参加して助言をもらったりして研究を進めました。個性豊かな先生方がそろっていて、親身になって指導して下さります。皆さんも応用言語学の魅力にぜひ触れてみてください。