English

AC入試

AC入試とは?

自己推薦による入試で、他大学でいうAO入試に相当します。学校推薦による推薦入試とは異なります。詳しくは、筑波大学アドミッションセンターによるAC入試に関する説明やAC入試入学者レポート集をご覧ください。

定員

5名

合格者が定員に満たない場合があります。

日程

出願期間 試験日 合格発表 入学手続
令和元年 8月29日(木)まで※8月19日(月)~27日(火)までに要事前登録 令和元年 10月1日(火) ※9月20日(金)発表の第一次選考合格者のみ 最終合格発表 令和元年 10月21日(月) 令和元年 11月27日(水) ~11月39日(金)

AC入試では第一次選考と第二次選考を行います。
出願時に提出された書類等により、第一次選考合格者を決定します。第一次選考では、特に自己推薦書(本文及びその根拠となる添付資料)、志願理由書を重視します。

第二次選考では、第一次選考の合格者に対し、個別面接・口述試験を行い、提出書類等の内容を含めて総合的に判定します。面接・口述試験では、主に、出願時に提出された自己推薦書等の内容及び志願する学群・学類に必要な学習適応性(学習能力、知識、意欲等)について、個別に30分程度行います。

趣旨

この入試で求める学生は、問題解決能力を身につけた、活動的な人です。問題解決能力とは、問題意識を持って、自ら学び、自ら考え、よりよく問題を解決する資質や能力のことです。

この入試は、書類選考と面接・口述試験によって、受験生を多面的・総合的に評価する自己推薦型の入試です。ペーパーテスト型の入試、学校推薦型の入試とは異なる観点から評価を行います。

この入試では、大学で学ぶために必要な適応性を自ら提案することが求められます。これまでに、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断して、取り組んできたことを、自己推薦書で提示してください。そこから読み取れる問題解決能力を重視して、選抜を行います。

高校卒業予定者、既卒者、高校を卒業してから何年か社会で活躍した人など、大学入学資格を持つ人を広く対象としています。

入学者選抜方針

人文系の学問に関わる専門的知識を主体的に吸収し、自己の判断力を磨いていく能力と創造的な問題解決能力を有する人材を選抜します。