先史学・考古学コース

先史学・考古学とは?

先史学、考古学とは?

考古学=Archaeologyは発掘などで得られる物質文化資料に基づいて人間社会の営みと歴史を知ろうとする学問です。それに対して先史学=Prehistoryは、生物学や環境科学なども動員して人間と自然環境との関わりにより重点を置いて人々の営みを復元しようとする傾向があります。
考古学も先史学も主に遺跡や遺物の研究を通じて人間社会にアプローチすることに変わりはありませんが、大まかに言って、文明社会を主な対象にするのが考古学、それ以前の社会を主な対象にするのが先史学という理解が現在では主流でしょうか。
先史学や考古学にとって、遺跡の踏査や発掘調査は研究資料を得るための最も重要な方法です。しかし遺跡は一度発掘してしまえば、発掘という研究機会を二度と再現することはできないという性格を持っています。本コースでは、厳密な作業と斬新な発想に基づいて、たった一度だけの発掘の機会を歴史の再構成に生かせるような研究を行える、そんな学生を育てたいと願っています。

授業科目の一例
  • 先史学概説
  • 考古学概説
  • 考古学方法論
  • 物質資料調査法
  • 先史学特講
  • 考古学特講
  • 先史学・考古学演習
  • 先史学実習
  • 考古学実習
授業紹介
先史学実習風景
考古学概説はどんな授業?
考古学という学問がいかに魅力的であるか、いかに無力であるか、そして人々が生きるために必要であるかについて、理解を深めます。
1.考古学とは何か
2.ゴミの考古学
3.型式学
4.考古学と生態学
5.考古学と民族誌
先輩たちの卒業論文
  • 中央アナトリアを産地とする黒曜石の流通圏の再検討 -先土器新石器時代から新石器時代まで-
  • 横穴式石室と埋葬行為 -東日本の事例を中心として-
  • 駿府城石垣普請の背景
  • 胎土分析からみた縄文土器の流通 -西田遺跡出土土器を用いて-
  • 縄文中期大型石棒のライフヒストリー
  • 福岡県太宰府市所在江牟田遺跡の再検討 -旧東京教育大学による調査資料に基づいて-
  • 関東地方における縄文土器製塩の再検討
  • オホーツク文化の動物意匠遺物
  • 縄文時代における人とイノシシの関わりについて
  • ペルー北部形成期における神殿更新とそこから見る社会変容について
  • 古代ローマにおける円形闘技場の社会的機能
  • 古墳時代榛名山麓における積石塚の検討
コース担当教員からのメッセージ
教員名 職階 メッセージ
三宅 裕 三宅 裕Yutaka Miyake 教授 知識が増えていくと、まだわかっていないことが見えてくるようになります。その過程こそが大学での学びです。
滝沢 誠 滝沢 誠Makoto Takizawa 准教授 考古学は自らの手で歴史を解き明かす点に大きな魅力があります。皆さんも一緒に発掘に行きませんか?
谷口 陽子 谷口 陽子Yoko Taniguchi 准教授 ここには誠実にモノに対峙する時間と場があり、そしてそれを咀嚼し栄養にすることができます。広く深く思索しつつも楽しくかけがえのない時間を過ごしてください。
学類生の声

卒業生荒井 啓汰

「考古学って発掘するやつでしょ?」と聞かれますが、その通りです。ただし、掘り出すのは恐竜や三葉虫の化石ではなく、土器や石器といった人間が昔生きていた痕跡です。
文献を扱う歴史学とは異なり、考古学のいちばんの資料は土の中にあります。そのため考古学をやる人は発掘に行くわけです。警察の鑑識のように、現場に残された物的証拠から過去の人々がどのように行動したのか推理する・・・・ちょっと地味ですが、なんだかワクワク感のある学問です。例えば、遺跡に残された穴の掘りかたや石器の作りかたから、それを残した人が右利きか左利きか推測することもできてしまいます。
筑波大学には西アジアや古墳時代、保存科学を専門とする先生方がいるので、もちろんそれらを詳しく勉強することができますが、それ以外にも幅広いフィールドの研究をすることができます。人類が誕生してから現代まで、過去の人間が残した「モノ」から研究すればなんだって考古学になりえます。発掘に興味がある、古代の謎とかに惹かれる、ピラミッドとかマチュピチュとか好き・・・という人は、ぜひ先史学や考古学の授業を受けたり、先輩に話をきいてみたりしてください。
先史学・考古学コースに興味のある人におすすめしたいのは、休みの日に遺跡や博物館に行くことです。古代の人たちが作った物や彼らが見た風景を味わうことができます。ぜひ楽しみながら古代の謎に迫ってみてください。

考古学・民俗学主専攻へ戻る