English

日本語学コース

日本語学コースとは?

日本語についてどれだけ知ってますか?

私たちは、ふだん当たり前のように日本語を話しています。でも、日本語について実際にどのくらい知っているのでしょうか?
たとえば外国の人に、「女っぽい」と「女らしい」は意味がどう違うのかとか、「京都まで行く/京都に行く/京都へ行く」はどう使い分けるのかなどと聞かれても、なかなかうまく説明できないでしょう。古文を読んで、昔の日本語は現在の日本語とずいぶん違うようだと感じていても、それがどのように今の日本語の姿になったのかについては、ほとんど知らないのではないでしょうか。
日本語学では、万葉集や源氏物語といった昔の文学作品の日本語から、現在行われている日常の会話に至るまで、すべての日本語が研究対象となります。どんな音で話されているのか、どんなきまりに従って文は作られるのか、どう書かれているのか、語の意味はどう変化しているのかなど、さまざまな方面から考えていきます。なにより、言葉についてちょっと気にかけてみる、どうしてなのだろうと自分自身で考えてみるといったところから、日本語学が始まります。

教授[日本語研究の実践的活用に関する研究]矢澤 真人

授業科目の一例
  • 日本語学概論
  • 日本語音韻論
  • 日本語文法論
  • 日本語史
  • 日本語学講読
  • 日本語学演習
授業紹介

日本語学講読I-aはどんな授業?
日本芸能史を映像とともにたどり、中世に成立した狂言という喜劇に注目して、セリフに使われる中世・近世の日本語を考察します。原本資料が扱えるように、変体仮名の読み方を身につけ、授業でも江戸時代の版本をコピーで読みます。貴重書が豊富な本学図書館資料の見学も行います。
先輩たちの卒業論文
  • 平板形容詞アクセントの「起伏化」再考
  • 津軽方言の外来語アクセント
  • 接尾辞「ぽい」の意味・用法
  • 現代日本語における連体節マーカー「な」の研究
  • ウェブ検索による外来語表記のゆれの研究
  • 平安時代における形容詞と係り結びとの関わり
  • 「逆に」の新たな用法についての検討
  • 児童生徒作文における機能語について

所属教員紹介

教員名 職階 メッセージ
矢澤 真人 矢澤 真人Makoto Yazawa 教授 「グローバル時代の母語教育」や「次世代型辞書開発」などのプロジェクトを通じて、新たな言語場の設計を進めています。
那須 昭夫 那須 昭夫Akio Nasu 准教授 日本語の音声・音韻、とくにアクセントなどの韻律現象について研究しています。
大倉 浩 大倉 浩Hiroshi Okura 教授 「古典文法を楽しく教えられる高校教師」を目指して大学に入りました。今はそういう教師を大学で育てています。
橋本 修 橋本 修Osamu Hashimoto 准教授 脳内現象としても、社会現象としても極めて興味深い存在である日本語を、多方面からつつき回しましょう。
和氣 愛仁 和氣 愛仁Toshihito WAKI 准教授 文系・理系という単純な二分法はすでに過去のものになりつつあります。両者を 橋渡しするために何が必要か、一緒に考えてみましょう。
学類生の声

卒業生鶴岡 里美

私が人文学類を選んだのは、そもそも「大学でいろんな言語に触れてみたい」というところからでした。それなのに、最終的にどうして日本語学コースを選んだのか? それは、自分がよく知っているつもりだった日本語について、実は知らないことがたくさんあるということに気づいたからです。
日本語学コースでは、母語として慣れ親しんできた日本語を数多の言語のひとつとして学び、新たな視点から見つめなおして研究します。
ひとえに日本語学といっても、研究の対象、アプローチは多彩です。格助詞の持つ意味について調べる人もいれば、敬語の用いられ方に興味を持つ人もいます。現代日本語だけでなく、古典文学などにあらわれる日本語について文献調査する人もいます。私は日本語学やその他のコースで開講される授業を受ける中で日本語の「音」の法則に興味を持ちました。卒業論文では、日本語の音の並び方に関して私たちが持っている法則を探るため、アンケートを取ったり、コーパスとよばれる実際の言語データを蓄積したもの、私の場合は特に話し言葉のコーパスを利用したりして研究を行いました。
コースで開講される授業には日本語の文法・音韻・歴史に関する講義形式の授業だけでなく、それらの研究手法を実践する講読・演習などがあります。その中で、日本語学の学生どうしで刺激を受け、先生方から細やかなアドバイスをいただくことができます。ぜひ大学の四年間で、いつも何気なく使っていることばの不思議に迫ってみませんか。

言語学主専攻へ戻る