English

英語学コース

英語学コースとは?

英語のしくみを知り、人間言語について考える

言語学は、言語を通して人間精神に迫る学問です。英語学コースでは、この言語学の観点から、英語ということばの背後にある様々な仕組みを学び考察します。その範囲は広く、音に関わることから、語や文の形式と意味、文の集まりである談話、場面との関わり、歴史、日本語や他言語との比較など多岐にわたります。重要なのは、これらの諸相を言語学的に考察することであり、それは、英語という個別言語を人間言語一般と結びつけて考えるということです。
授業ではそのための基礎的知識や方法論を学び、同時に英語力の涵養も目指します。その仕上げが卒業論文です。そこでは、学生が一定のテーマを選び、問題点を探り出し、それを自分なりに考察し、かつ、英語で明晰に論述することが求められます。これは学生にとって極めて創造的な経験となります。これらの指導を通して、個別から一般を捉える力、問題発見力、自律的思考力、英語力、明晰な表現力、創造力など、社会のどの分野に進んでも役立つ底力を養成します。

教授[認知意味論的観点からの日英語対照研究]廣瀬 幸生

授業科目の一例
  • 英語学概論
  • 英語文法論・統語論
  • 英語意味論・語用論
  • 英語音韻論・形態論
  • 英語論文講読
  • 英語学演習
  • 英語学論文演習
授業紹介
英語学概論
英語学とは、英語を対象とする言語学のことです。言葉には音声があり、音声は意味を伝えます。そして、音声と意味を結びつけるのが文法です。音声にも意味にも文法にも一定の規則があります。だからこそ、人間は言葉で意思疎通ができるのです。英語をもとに、言葉の規則性について考え、英語自体への理解も深める授業です。
先輩たちの卒業論文
  • The Synbtax of Small Clauses in English
  • A Minimalist Approach to Clausal Systems and the Derivation of Wh-Questions in English
  • On the Tense Interpretation of Relative Clauses in Japanese and English
  • A Lexical Semantic Study of Negative Prefixes in English
  • A Study of Semantic Changes of Words Concerning Men and Women
  • Metaphors of Anger in English and Japanese
  • A Study of the Discourse Marker Well in English

所属教員紹介

教員名 職階 メッセージ
廣瀬 幸生 廣瀬 幸生Yukio Hirose 教授 ことばの研究を通して、人のこころや文化・社会のありようについて考える面白さを味わってもらいたいと思います。
加賀 信広 加賀 信広Nobuhiro Kaga 教授 じっと見ているときれいな規則性が透けてくる。そんな言語研究の醍醐味を一緒に味わってみましょう。
柳田 優子 柳田 優子Yuko Yanagida 教授 言語を単に語学を習得する目的だけでなく、人間に特有の存在という観点から研 究する意義を考えてみませんか。
島田 雅晴 島田 雅晴Masaharu Shimada 准教授 日常意識することがない、自然に身近に存在する物事に何か一つこだわってください。それが研究です。
宮腰 幸一 宮腰 幸一Koichi Miyakoshi 准教授 表面的な言語現象の背後にある法則を科学的に解明する楽しさを学んでほしいと思います。
和田 尚明 和田 尚明Naoaki Wada 准教授 英語という言語の本質を知りたい人にはぜひ学んでほしいと思います。
金谷 優 金谷 優Masaru Kanetani 助教 ことばは「人の心をのぞく窓」とよく言われます。人間の認知の仕組みとことばの関係を考ていきましょう 。
山村 崇斗 山村 崇斗Shuto Yamamura 助教 今の英語を他言語や昔の英語と比較すると見えてくる類似点や相違点を、生成統語論の枠組みで分析します。
学類生の声

4年岡田 祐輝

人文学類では3年次に専攻が分かれますが、1年次の時点では、私は独語学(現在の一般言語学)コースと英語学コースの間で迷っていました。そのため、どちらの専攻にもいくことが出来るように 授業を受講していたのですが、ある英語学の授業の中で、昔の英語である古英語を取り扱ったとき、その言語が現在の独語に似ていてとても面白いと感じました。また、両言語の間で共通して起こる現象もあれば、一方の言語にしか起こらない現象もあり、言語そのものに興味がわきました。
大学受験の為に漠然と英語を勉強してきた私は、このような理由から、英語学を学ぶことで英語という言語の本質を解き明かし、言語そのものの仕組みをもっと知りたいと思い英語学コースを選択しました。言語学とは、語学とは異なり、言語を観察することで人が物事をどのように捉え・思考しているのか、ということを研究する学問の一分野です。
英語学コースでは、英語という言語を通して、英語母語話者の心理に迫ります。したがって、英語学を学んだからといって 英語を実際に話したり、聞いたりすることが上手になることはないかもしれません。しかし、英語がただ使えるようになることよりももっと奥の深い、英語母語話者の直感に迫ることが出来す。また、研究論文を精読し、それを要約・発表することで、論理的思考力を身につけるだけでなく、相手に分かりやすく伝える能力も身につけることが出来ます。これは社会に出ても絶対に必要になってくる技能だと思います。
英語学コースでは、文法や意味、形式、歴史といった様々な観点から、自分の興味のある現象を研究することが出来ます。また、各分野で活躍する優しい先生方が、熱心に指導してくれるので、とことん自分の興味を追求することが出来ますよ。

言語学主専攻へ戻る