English

応用言語学コース

応用言語学コース

従来の学問領域の壁を飛び越えた、多岐にわたる言語研究

応用言語学は、個人と社会のレベルで、言語にかかわる諸問題を多角的・実際的に解決することを目的とする学問です。本応用言語学コースでは、英語教育にかかわるさまざまな事象を取り扱う教育言語学、社会と言語の関係を研究する社会言語学、文章や会話の仕組みを研究する文章・文体論を主要な領域にしています。いろいろな学校に行って各種実験をしたり、実際の談話を録音・書きおこして詳細に分析したり、文献からさまざまな文体を比較したりと、その手法はさまざまで、紙からデジタル画像まで幅広いデータを取り扱います。

教授 久保田 章

授業紹介
授業でどんなことを学べる?
英語語彙に関わる諸問題を、コーパス言語学・辞書学・英語教育学・統計学の観点から分析していきます。たとえば、「語彙が豊富」とか「語彙力をつける」といった場合、具体的に何をさしているのでしょうか? 自分の英語語彙サイズはどうやったら計れるのでしょうか? 英語教科書や辞書に出てくる「基本語」や「最重要語」はどのように決めるのでしょうか? こうしたことに答を見つけていくのが本授業です。
授業科目の一例
  • 応用言語学概論
  • 応用言語学講義I~IV
  • 応用言語学演習I~IV
  • 応用言語学特講I~II
  • 外書講読
先輩たちの卒業論文
  • The Effects of L1 Use on Speaking Performance by EFL Learners at Different Proficiency Levels
  • Roles of depth and breadth of vocabulary knowledge in listening comprehension in ESL
  • Effects of text cohesion on Japanese EFL reading process and comprehension
  • キャッチコピーにおけるメディアディスコース分析 ―男性ファッション雑誌を対象として―
  • 振り込め詐欺における説得の技法の会話分析
  • 聴覚障害学生と健聴学生との相互行為における 修復の組織
コース担当教員からのメッセージ
教員名 職階 メッセージ
久保田 章 久保田 章Akira Kubota 教授 小さくまとまらないよう、知的好奇心のアンテナを高く上げ、幅広く関心を持つことから始めましょう。
磐崎 弘貞 磐崎 弘貞Hirosada Iwasaki 教授 いかに学習者が英語を効果的に学べるかを研究しています。語彙や学習ストラテジーを一緒に研究しましょう。
卯城 祐司 卯城 祐司Yuji Ushiro 教授 英文が「読めたつもり」の謎を解くため、読解プロセスの解明とモデルの構築を目指し、実験を続けています。
平井 明代 平井 明代Akiyo Hirai 教授 スピーキング力やライティング力を伸ばす効果的な指導法の実証研究や言語能力の測定方法の研究をしています。
高木 智世 高木 智世Tomoyo Takagi 准教授 実社会でことばがどのように用いられているか、じっくり観察しよう。
小野 雄一 小野 雄一Yuichi Ono 准教授 最近は様々なツールを用いて多様な言語資料を分析し、言語習得(学習)を促します。工学×言語=∞を学びましょう。
田川 拓海 田川 拓海Takumi Tagawa 助教 現代の多様化した文章を見ることで「書きことば」「話しことば」について考えてみよう。
土方 裕子 土方 裕子Hijikata, Yuko 助教 日本人学習者が英文を読む上で躓く要因や,職業英語のカリキュラム開発に興味が あります。オリジナリティの高い研究を一緒に目指しましょう。
学類生の声

卒業生松村 芙由

大学に入学したときは漠然と「言語について勉強したい」と思っていましたが、実際に入学して学問を深めるうちに、日本人がどのように英語を習得していくのか、どのように英語を教えたら効果的なのかなど、教育言語の分野について興味を持つようになりました。
もとより教員志望だった私にとって、教育言語学はとても魅力的な学問でした。私は卒業論文で中学生がスピーキングをする際の評価基準をどのように決定すべきかということについて研究しました。実際に中学生のスピーキングを録音し、何度もその評価を行う大変な作業でしたが、地道にデータを重ね、最終的にひとつの形にまとめることができました。
そのときの達成感は今まで味わったことのないものでした。一つずつ丁寧に作業を行うことの重要さを改めて学ぶことができました。今は現場で教員として働いていますが、筑波大学で研究したことを実際に生かせる日を楽しみにしています。

言語学主専攻へ戻る